移り気Heat

サブブログ。適当に何か書く。メインサイトは右下のリンク参照。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今使っているノートPCのスペック。

商品ページはこちら(メーカーホームページより)魚拓

富士通のモノ。MG50Rとのこと。サポート期間はすでに過ぎている。したがってファンが壊れても自分で直さないといけない。

CPUのクロック周波数/1.50GHz
メインメモリ/標準512MB(256MB×2)
キャッシュメモリ(1次/2次)/64KB/1MB
ディスプレイ/1024×768ドット、13.3型
消費電力(標準/最大)/約22W/約68W
本体質量/約1.68kg

このデータが良いのか悪いのか分からないけれど、3年前のモノなのに加えて、今はファンが故障しているのでもうちょっとクロック周波数は落ちてるかも。

で。クロック周波数測定君で調べてみたところ、大して減ってなかった。あれ。パソコンが重くなるのって周波数が原因じゃなかったのか。

さて、何でこんなもんを書いたかと言うと、ディスプレイを探すに当たってどんなサイズがいいのかと思ったから。実のところ、ディスプレイなんてそれほど大きくなくていいと思ってるので。

今のところネットで調べた限りでは一番小さいのが15インチ。今使ってるのが13.3インチだから一回り大きくなるわけで。うーん。そこまで大きい画面って必要なのかね。自分は今のままでいいんだが。



そういえば。ワイド画面が最近売れてるっぽいけど。単純に描画面積が広くなってるんだな。だから2chブラウザを表示させながらパソコンの画面上にテレビ画面を表示させられるわけで。今より実況しやすくなるんだなぁ、と。

それにしてもディスプレイは高い。15インチで一番安い商品でも2万円弱。近所のハードオフでも安くないし。ブラウン管で中古だと2000円前後だったりするんだけど、いまさらブラウン管を買う利点ってのは無いし。第一、家に持ち帰られない。



以下追記。
ここから追記。

結局konozamaで購入。こちらの製品。生産終了かよ!

●電源内蔵型
●解像度は1024×768
●15インチ
●応答速度は 16ms

目立つスペックはこんなところか。

で、RGBx1ってスペックが分からなくてネットをだいぶ探した。RGBとはの確信的な記事は無かったものの、おそらくこれが正しいかと。

<> パソコン本体とCRTディスプレイを接続する端子。光の三原色のR(赤)G(緑)B(青)の情報をアナログ信号として伝送する。端子の形状はD-Sub15ピンと呼ばれるものが一般的。プロジェクターなどにも搭載されており、パソコンの画面を直接投影することができる。

というわけで、アナログ入力端子の種類の一つを表現するらしい。つまり、前述のRGBx1は『RGB端子が1個あるよ』という意味。

ちなみに、D-Sub15ピンというのはこんな感じ。案外でかくてびっくりした。

≪ 悪貨は良貨を駆逐するホーム留年しそう ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

嘴

Author:嘴
サブブログ。適当に何か書く。

月別アーカイブ

カテゴリー

最近読んだ本

嘴の最近読んだ本

リンク

リンク集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。