移り気Heat

サブブログ。適当に何か書く。メインサイトは右下のリンク参照。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制度改革は要らないだろ

裁判員制度とか、児童ポルノ法とかその辺を見てて思ったんだけれど、どうも悪い方向に改革してる気がする。

元々、日本は他の国の文化を日本流に改善することが多いわけで。日本語だって漢字をいい塩梅に変化させたものだし。高度経済成長期なんて欧米に追いつけ追い越せといった感じで成長したわけだし。

だから、欧米の制度を日本に持ちこむってのは分かる。


ただ、ココ最近の流れを見てると、

欧米の制度を日本に輸入

制度のメリットデメリットを考えずに日本流に改革

ネットで反発

っていう流れになってる気がする。


裁判員制度を例に取ると。

アメリカで採用されてる『陪審員制度』はアメリカだからこそ成功したと思う。というのも、アメリカは『自分達で物事を進める』っていう文化。だからこそ何か問題が起こっても自己責任だったりする。

というわけで、『周りとの調和を重視する』日本人にはそもそも向かない。『自分達で物事を進める』文化だから政治や裁判にも関わっていかざるをえない。けれど、『周りとの調和を重視する』日本では基本的に事なかれ主義だから自ら裁判を進めるという事が一般的ではない。


にもかかわらず制度を取り込んだ。しかも有罪か無罪かの2択である【陪審員制度】から量刑まで決定する【裁判員制度】と変更して。

制度ってのは文化に合わせて成長するから、無理やり持ってきても仕方ないのに、『外国で採用されてるから』という理由だけであっちこっちの制度を持ってきてる。


陰謀論とかはあまり信じたくないけれど。ここまで無理やり制度を導入しようとする風潮を見ると『えらい人が自分の都合のいい用に日本を動かすために制度を導入しようとしている』と勘繰ってしまうなぁ。

≪ 情報求むホーム極論はいかがっすかー ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

嘴

Author:嘴
サブブログ。適当に何か書く。

月別アーカイブ

カテゴリー

最近読んだ本

嘴の最近読んだ本

リンク

リンク集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。