移り気Heat

サブブログ。適当に何か書く。メインサイトは右下のリンク参照。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺が嫌いだったのは街の本屋ではなく地方の本屋だった

ちょっと前にtwitterでつぶやいてたけど、忘れないようにここにまとめておく。


きっかけは、『小さい本屋なんか全部潰れてジュンク堂と紀伊國屋書店とAmazonだけ残れ』という意見から。


個人的に本はよく読むタイプなのですが、地元の本屋って有名雑誌と一部の本ぐらいしか置いてないし、店に入ると店員が「ぁあ? 見ねぇ顔だな?」と言わんばかりに睨んでくるし。

それに比べたらジュンク堂の快適さが素敵。広いし本はいっぱいあるし検索端末もある。システマチックに配備されて気軽に買えるなんて素敵。

ジュンク堂と紀伊國屋書店で大体のものは買えるし。あとはAmazonさえあれば十分。個人経営の本屋なんて要らなかったんだ!!


ってね。思ってたんですけど。

勘違いでした。


要らないのは地方の本屋。

もっとわかりやすく言うと、営業努力しなくても生きていける地方の本屋は滅んでいい。


この間紀伊國屋書店行ったら、『ほんのまくらフェア』ってのやってました。詳しくはこの辺の記事を読んでもらうとして、簡潔に言うと『小説の冒頭の1節だけ見せて闇鍋のごとく販売する』という超不親切なフェア。

でもこれってすごく楽しいんですよね。本読みの人ならわかってくれると思いますが、こういう予想外の出会いってすごく楽しいんですよね。自分の好きなジャンルに偏りがちなのですが、新しいジャンルを開拓することができたり。

これなんですよ。新しい本との出会いを探してたんですよ。



で。ここで思ったのが、『本との出会いを提供することを怠ったのはどこだ』ということ。その結論が地方の本屋だったわけです。

都会の本屋って大型書店が近くにあることが多いから、個人経営の本屋って大変なんですよ。なので、少ないラインナップながらも本との出会いを提供するように努力してるんです。

ところが地方の本屋って、大型書店が近くにないんです。車で片道2時間ぐらいかけないとTSUTAYAの本屋に行けなかったり。だから競争相手がいないのである程度の利益は見込める。

しかも地方の本屋って、学校に教科書を販売する役割を担ってたりするわけです。つまり、学校があれば毎年ある程度の利益が見込める。その利益だけで十分ならば、わざわざ努力しなくてもいいわけですよ。



そういう退屈な本屋しか近くになかったため、巨大じゃない本屋なんて要らねぇよって思ってたんですけど。結局のところ、新しい本との出会いを提供できるかどうか。ほんのまくらフェアとまでいかなくても、本を買ってもらおうという店づくりができているか、ということが重要なんです。


てなことを踏まえたうえで、改めて言うと。


本との出会いを提供しない地方の本屋は
滅びてしまえ!


ちなみに、本の値段について言うと再販制度とかがあるので日本じゃどうしようもないです。アメリカだと大型かつ安売りしてる本屋が登場して地方の本屋が駆逐されたりしてますけど、それは今回とは別のお話。


≪ 肉味噌やっこホーム整形外科に行った ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

嘴

Author:嘴
サブブログ。適当に何か書く。

月別アーカイブ

カテゴリー

最近読んだ本

嘴の最近読んだ本

リンク

リンク集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。