移り気Heat

サブブログ。適当に何か書く。メインサイトは右下のリンク参照。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の妹は漢字が読める 感想

僕の妹は漢字が読める (HJ文庫)僕の妹は漢字が読める (HJ文庫)
(2011/06/30)
かじいたかし

商品詳細を見る
僕の妹は漢字が読める2 (HJ文庫)僕の妹は漢字が読める2 (HJ文庫)
(2011/10/29)
かじいたかし

商品詳細を見る


出オチの決定版と思わせておいてラノベ業界への強烈なアンチテーゼとなる作品。

……が、そういう深読みをしないと面白くないかもしれない作品でもあります。深読みした俺にはものすごく面白かったです。


時代は23世紀。日本語から漢字が消え、ひらがなだけが残った世界。さらに萌え文化が日本全土に広まり、ケータイ小説を更に簡素化したような文体の萌え小説が『純文学』扱いとなり、総理大臣ですら萌えキャラというありさま。しかし、そんな世界を良く思わない男が居た……!

が、もちろんその男は主人公ではなく。萌え文化にどっぷり染まった間の抜けた男子高校生が主人公。妹はその世界で漢字が読めるというキャラ。近代文学(=平成の小説)を楽しみたいために漢字を頑張って学習した珍しい人。

23世紀に住む主人公と妹がひょんなことから平成時代に……!というのが第1巻。タイトルで『なんだこれ!?』と興味を引かせ、ネット上で序盤(23世紀の世界観の説明が殆ど)を無料で読ませて『こりゃ面白そうだ!』と買わせるという商法は非常に面白く思いました。

が、平成時代に移動してからは非常に中途半端な出来で。文化の違いを楽しむのは面白いのですが、いかんせん主人公が間の抜けた性格なので呼んでてまだるっこしい。そして唐突に敵の存在が明らかになったかと思ったら続刊へ。


最初にコレを読んだとき、23世紀は今のラノベ業界を表してるんじゃないかなーとか思っちゃったんですよ。つまり、萌え文化に染まってしまったのがラノベで、読者は主人公のように間の抜けた男子高校生ばかりという。そしてこの本の展開である『ぶっ飛んだ設定で興味を引かせて対した事ないオチ』っていうのもありがちなラノベを表してるんじゃないかと。キャラクターの配置とかも含めて。

つまりこれは1冊つかって現代で量産されているラノベ業界へのアンチテーゼを表してるんじゃないかと。現状みたいな萌えラノベばかり続くとこんな世界みたいなヌルイラノベばかりになっちゃうぞ!いいのか!、という。



そんなモヤモヤ感を残した状態で登場したのが2巻。この巻では前巻で殆ど絡んでこなかった敵が明らかになり、対決して決着するまでが描かれます。

この巻でようやく登場するのが冒頭の『そんな世界を良く思わない男が居た……!』の男。この巻では現代純文学(23世紀の文学)と近代文学(平成の文学)をとりまく価値観が紹介され、現代純文学を許容できない人と許容してる人との対立が描かれています。

敵の男だけじゃなく、主人公の妹も現代純文学を許容できなかったタイプであった(だからこそ漢字を学んだのだけれど)のだけれど、主人公の妹とその父親との対立も描かれてます。しかしそもそも現代純文学と近代文学では価値観がまったく違うから話は平行線となってしまうんです。それが妹 VS 父だけでなく、今回の敵 VS 主人公グループでも。引用すると次のような感じ。



「『ろーあんぐる』はストーリーがないもん」
「それがいいんじゃないか、クロハ」
 お父さんがクロハを諭す。
「余計なストーリーなんていらないだろう? 子供向けだけど、『ろーあんぐる』はキャラがいい。特にケイラちゃん。ふくらはぎがすべすべで、飼い犬がじゃれつくシーンは食い入るように見てしまうね。パパ好みだ」
「まあパパったら。すぐ下半身に反応するんだから」
 お父さんとお母さんが微笑み合う。
 クロハはそんなふたりを、憤然と睨んでいた。沈下する気配はない。
P135より




「まずは浮薄な絵だ。なぜ小説にあのような絵をつけるのか。文章に力が無い証拠ではないか!」
「絵は必要だ」
「ミルの言う通りですよ! イラストのおかげで、イメージも湧きやすくなるじゃないですか!」
「イメージはあくまで本文で喚起させるものだ。絵の力などいらん」
「絵があるからこそ、パンチラや脱衣シーンがひきたつんじゃないですか!」
 寝癖さんがくわっと目を見開いた。
「それだ! それこそ我輩がもっとも許せないところだ! 下穿きや肌を露出させて読者の気を引こうとは、なんと俗悪なことか!」
 ……そう言われてもなあ。
 子供のときから、パンチラに親しんで育った僕にとって、俗悪なものには全く思えない。
P193~194より



そして極めつけがこちらの文章です。主人公が語る現代文学についての価値観。


「『おにあか』の頃ならまだしも、現代の正統派文学では、ストーリー性が強いことは大きなマイナスです。ストーリーよりも、大切なのはシチュエーションです。人間性よりキャラクター性です。メッセージ性は読者が自由に感じ取るもので、それがあからさまに出ていちゃ駄目なんです。文章は、これはもう時代が違うとしか言いようがありません」
P196



こういう感じで終始平行線なのです。前述の妹と父親の対立ですらもずっと平行線。自分の中では23世紀の価値観は現代のライトノベル業界だと思ってるので、ラノベ業界が萌え重視になりすぎてることに対する警鐘を鳴らしてるんじゃないかと思ってるんです。しかしラノベにどっぷり漬かった人は何が問題なのか分からない、と。


ここで思い出したのが、藤子・F・不二雄先生の短編集に載っていた『ミノタウロスの皿』という話。

ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)
(1995/07)
藤子・F・不二雄

商品詳細を見る


簡単に説明すると、主人公が別の星に不時着してしまったのだけれど、その星では人間が家畜で牛が支配しているという状態。そこで感謝祭でメインディッシュに選ばれた女の子(人間)に惚れた主人公がその星の牛を説得しようとするんだけどみんな理解してくれない……というお話。

とにかく異文化なんですよね。片方の言うことを『理解できるが共感できない』という状態。ずーっと平行線で交わらない討論。


個人的にはこの辺にどういうオチをつけるのかなーとワクワクしていたのですけど、文化の話とはまた違う話に逸らしてしまったのが非常に残念。ただ、今回の敵は文化を変えることを目的としつつ真の目的はまた別のところにあったため、このオチでも本人は満足しているから報われていないわけではないってのはよかったです。




2冊できっちりとまとまってる(続刊に続くような展開はあるけど、ラスト1ページだけなので殆ど問題ない)ので、現代のラノベ業界に対するアンチ作品として是非読んでみてはいかがでしょうか。とはいえ、討論シーンや異文化の違いを楽しむシーンはほとんど無いのですが。


……そういう作品じゃねーからこれ!って言われたらそれまでですけど。

≪ 手間がかかってもいいからiPhoneで青空文庫を無料で読む方法ホーム2011年9月12日放送TVタックルの文字起こし(一部) ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

嘴

Author:嘴
サブブログ。適当に何か書く。

月別アーカイブ

カテゴリー

最近読んだ本

嘴の最近読んだ本

リンク

リンク集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。