移り気Heat

サブブログ。適当に何か書く。メインサイトは右下のリンク参照。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】ランボー

ランボー [DVD]ランボー [DVD]
(2004/06/25)
シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ 他

商品詳細を見る


ランボーシリーズの2作目『ランボー 怒りの脱出』を先に見てしまったので、1作目も観ておこうと思ってレンタル。


……全然雰囲気違うじゃねーかおい!!!


この作品のあらすじを説明すると、ベトナム帰還兵である主人公ランボーが田舎町で保安官に因縁を付けられてしまい、逃げていたらいつのまにか警察と戦うハメになってしまったという話。

ランボーを止めるために警官だけじゃなくてベトナム時代の上官まで出てきて大事に。物語中盤では山の中でランボー VS 200人の警官というすげぇ展開に。グリーンベレー(アメリカ陸軍特殊部隊)仕込みのワナでたくみに潰していく技術は見ててすごかった。ランボーを追いかけているはずが逆に追い込まれているという状態。

終盤では都市戦となり、爆発が大量に。目的を達成するための戦術が見事。ところが、ここまで「何故ランボーが頑なに警官に対して反抗的なのか」ということが明らかにされず。最後の最後に上官の説得で心のうちをぶちまける。それまで超人的な活躍をしていたからこそ、その反動が来る。最後のこのシーンを際立たせるためだけにそれまでが作られたんじゃなかろうかとも思ってしまった。

戦争が(あくまでも日本では)身近ではなくなってしまったけれども、戦争を終えた兵士はどういう心情なのか。そんなことを求めつつ、ランボーがいろんなギミックで敵を倒すゲリラ戦を楽しむことも面白い映画。これに比べると2作目『ランボー 怒りの脱出』は本当にただのアクション映画だけれど、逆に言えば2作目が作られるぐらいの面白さ。流石は名作。


≪ 【感想】なれる!SE 2巻ホーム【感想】ランボー 怒りの脱出 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

嘴

Author:嘴
サブブログ。適当に何か書く。

月別アーカイブ

カテゴリー

最近読んだ本

嘴の最近読んだ本

リンク

リンク集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。