移り気Heat

サブブログ。適当に何か書く。メインサイトは右下のリンク参照。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームセンターで思うこと

ゲームセンターに来る若者が居なくなったとかいうニュースがあっていろいろ思うことがあったので適当に書いてみる。


自分がゲームセンターに行くようになったのは高校の頃。具体的にはポップンが10ぐらいで、ギルティはアクセントコア、QMAは3~4で人気がでてきたあたり。

もうちょっと前だと格ゲーが大人気だったと思う。格ゲーの人気が廃れて「ゲーセンはもうダメだ!」ってころにプリクラが登場し、それが廃れ始めた頃に音ゲーが出た気がする。

というわけでゲーセンのゲームは次代に合わせて主流が代わってきたわけで、「昔のゲーセンはよかった」って言い切っちゃうのは思考停止に近いと思ったりする。

個人的には音ゲーと格ゲーが好きなのでそれが流行っていた時代こそが至高だと思うし、シューティングやアクションなんて1人プレイじゃねーかと思う。若い頃を生きた時代に感化されてしまうのは仕方ないことだと思う。



が、それでも今のゲーセンはちょっとどうかなと思ったりする。


今のゲーセンは主にメダルとカードが主流で、その次にクレーンやネット対戦モノ(QMAや麻雀格闘倶楽部)が人気で、格ゲーやアクションは隅っこに追いやられてる感じ。STGに至っては置いてあるゲーセンがほとんどない。

ゲーセンでお金を落とすようなゲーム好きの若者はどんどん減っています。そこで単発的な博打、つまりメダルを投入したらそれが数倍になるかゼロになるか、という投資額が低く何度もできるゲームが人気なわけです。

ただ、そういうゲームって技術が介入する要素がほとんどなくて運要素が多すぎるんですよね。運要素が多いゲームがいいなら麻雀やればいいし、短期間で遊べるゲームだったら音ゲーやればいい。メダルゲームじゃ対戦要素もないし。戦略も必要なく、ただメダルをぶっこむだけ。


ではカードゲームはどうかというと、今度は資金が足りなさすぎます。カードゲームは中学の頃にポケモンカードで懲りたので、今から集める気にはなれず。デッキづくりとか戦略の練り方とか楽しいのはわかるんですが、音ゲーや格ゲー以上に資金が必要なんですよね。


個人的には、自分の技術を向上することで楽しくなっていき、財布一つでいいようなゲーセンがいいんですけども。メダルゲーは技術要らずだし、カードゲーは荷物が増えるし。


時代の流れで、『金を使う一部の人からがっぽり取る(カードゲーム)』か『小さい金額なら使ってもいいと思う人から幅広く取る(メダルゲーム)』の2種類に先鋭化しているのが悲しいです。そうしないと生き残れない(田舎のゲーセンだと特に)とはわかっていますけども。

≪ IS <インフィニットストラトス> 1・2巻感想ホームあきらめた ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

嘴

Author:嘴
サブブログ。適当に何か書く。

月別アーカイブ

カテゴリー

最近読んだ本

嘴の最近読んだ本

リンク

リンク集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。