移り気Heat

サブブログ。適当に何か書く。メインサイトは右下のリンク参照。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同人ゲー】とあるぱんつの超電磁砲 感想

自分の糧になるかと思って購入。それほど高くなかったのも理由のひとつだったり。


ぱんつつつつ
制作したサークルはWerk。画像はそこのサイトから引用。

以下、適当に感想。普通モードと難しいモードがあったけど自分は普通モードだけクリア済み。




●システム
パッケージ裏にはゆるふわ系タイマンアクションゲームと書いてあるけど、ぶっちゃけると『ロックマンのボス戦だけプレイ』するような感じ。ロックマンパワーバトルみたいなもの?と友人に聞かれたのですが、ステージセレクトできないからそれともちょっと違うような。

アクションゲームを作る上でステージを作るのが一番面倒なんだよな。マップを作らなきゃいけないのも面倒だし、画面をスクロールさせるのも面倒。当たり判定も変えなきゃいけないし。なので横スクロールアクションを作りたくても面倒で逃げてたんだけど。こういうごまかし方は考えてなかった。上手いなぁ(褒めてます)

操作方法はジャンプと攻撃、矢印キーでの移動のみと非常にシンプル。パッドに対応してるので非常に遊びやすい。ヘルプ要らずでやれば遊び方が理解できる親切設計。見習いたい。


●ストーリー&構成
原作の持ち味を生かしつついい感じにアレンジしてる。でも初春のはどうにかならなかったのか。

構成としては漫才デモの後にボスバトルをするという流れ。コンティニューは無限。ところが1ステージに戦闘が2回あるのだけどどちらにもある漫才デモがコンティニューするときに意外と邪魔。コンティニューのたびに毎回漫才デモを見るハメになる。

ロックマンとか分かりやすいんだけど、基本的にアクションのボス戦は戦って死ぬのを繰り返してボスの戦術を覚えて勝つという流れなんだけど、毎回デモがはさまれるとちょっと。せめてショートカットできれば。


●イラストとか
キャラはほとんどドット絵なんだけど、意外と動く。通常のアクションパートではそれほど動きは多くないんだけど、漫才デモや特殊技の場合の動きが豊富。敵でもなんでもない漫才デモのみのキャラクターも意外とよく動くので驚いた。キャラゲーとして愛がこもってて素晴らしい。

マッチメイカァズの効果音がちらほら聞こえる気がするけど、BGMはアニメの曲をアレンジしたものが多く思えた。世界観を壊さない程度にBGMや効果音が使われてて良く出来てるなーって思った。コメディっぽい効果音とシリアスっぽい効果音がしっかりと使い分けられてる。


●全体的に
ボスバトルだけで終わってしまって「えっ!これで終わり!?」と思ったのだけど800円ちょっとだからこんなもんかなと思った。ボリュームが少ないけれども「まぁこの値段だし」と思わせるギリギリのラインをつくあたりが素晴らしい。これで3000円だったら高すぎるし、200円だったら安すぎる。なんとなく買わせるような価格。

個人的には横スクロールのアクションステージがあったほうがよかったのだけど、十分遊べるボリュームだったので特に不満点は無かった。キャラの細かい動きが多くてよく練られてるなと感心する出来だった。暇と金があればプレイして欲しい作品。


しかしエンドロールを見る限り、プログラムとイラストと音とシナリオの4人かぁ……4人でここまで出来るのか。羨ましい。

≪ 俺のテレビ離れホーム適当日記 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

嘴

Author:嘴
サブブログ。適当に何か書く。

月別アーカイブ

カテゴリー

最近読んだ本

嘴の最近読んだ本

リンク

リンク集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。