移り気Heat

サブブログ。適当に何か書く。メインサイトは右下のリンク参照。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の宗教観 -地獄と天国-

こちらの記事から思いついた。この記事を要約すると『天国って楽園みたいだけど暇じゃね?』ってこと。

で、ここからが自分の考えた天国と地獄の現在。まぁ、妄想なので。



輪廻のない世界観では、死んだ人間はすべて地獄か天国に送られるはず。さて、ここで天国や地獄は都市のひとつと考えます。最初は殆ど人がいないゴーストタウンのような状態。ただし、天国都市は温暖な気候、地獄都市は悪天候。


ある程度の月日を経て、下界(人間世界)からの人間が続々と送り込まれてきます。複数の人間がいる事で、天国と地獄の両方に分化が生まれます。

天国では退屈な生活を打破するための文化、小説や漫画のような物語、生活を楽しくする遊具など。一方、地獄では悪い環境をよくするための道具や防御施設、地獄の攻撃に対抗するための武器が作られます。


更に年月を経て、天国と地獄それぞれに人がどんどん増えて、飽和状態に近くなります。天国では自分の安全な領域を守るために&自分の欲望を満たすために戦闘兵器が、地獄では安全な部分で楽しむために娯楽が生まれます。

結果、天国と地獄で若干の違いは生じるものの、どちらにも戦闘兵器と娯楽といった文化や道具が生まれます。


そして天国内、地獄内で戦闘が起こり、そこで落とした命が『真・天国』『真・地獄』に……(以下エンドレス)

≪ こっそりとホーム特撮好きの流れ ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

嘴

Author:嘴
サブブログ。適当に何か書く。

月別アーカイブ

カテゴリー

最近読んだ本

嘴の最近読んだ本

リンク

リンク集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。