移り気Heat

サブブログ。適当に何か書く。メインサイトは右下のリンク参照。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなカードゲーム漫画としての提案

最近、大学のサークルでトレーディングカードゲーム(以下TCG)を教わってます。今のところ、教わったのはアクエリアンエイジとヴァイスシュヴァルツ(以下WS)の2種。

TCGってのは従来のカードゲームとは違って、自分の構成したデッキ(カードの束)で戦うのが特徴。デッキは大抵40~60枚。自分の好みのキャラクターを強くする事に特化したデッキを作るもよし、ひたすら強いデッキを作るもよし。戦略性が高いけれど、必要なデッキを作るためにはカード代が無尽蔵に必要なのが欠点。


さて、カードゲームを題材にした漫画もいろいろあります。有名どころですと遊戯王やデュエルマスターズ辺りでしょうか。最近だとライブオンやバシンもありますね。デッキを持った人同士の対戦がメインなんですが、カードに描かれているモンスターが立体化して戦うのが大きな特徴。それを見て『カッコいい!』『俺も戦いてぇ!』という気分を盛り上げるわけです。

言い換えるなら、TCGアニメは大金を使ったCMと言ったところでしょうか。したがって、こういうカードゲームアニメはカードゲームにのめりこんでくれそうな子供向け。



ここからが本題。前述のアニメの題材となってるTCGは子供向けに作られてるのですが、大きなお友達、いわゆるオタク向けのTCGもあります。冒頭で述べたアクエリアンエイジやWSとかもそんな感じ。萌え絵をキャラクターにしてるのが多いイメージです。

個人的に面白いなと思ったのがES。ダカーポとかなのはとかFateとかオタク向けのアニメからキャラクターを取り込んでるので、アニメ好きの人をピンポイントで狙ったTCGです。ルールとしては、キャラクターカードを『役者』とし、戦闘ゾーンを舞台、墓場ゾーンを控え室としてるのが面白いなと。


で。WSを題材にしたカードゲーム漫画を作ってくれないかなーと思ったんです。前述のアニメは漫画版もあるんですが、WSも漫画化して欲しいんですよ。もちろん、WSのゲーム内の世界を漫画化するわけではなく、WSというカードゲームで戦う人たちを題材にした漫画。

主人公が何らかのきっかけでWSを知り、日本チャンピオンを目指す。カードゲームシーンではカードのキャラクターが立体化して本気の殴り合い。作者はY太さんあたりで。


WSで遊んでて『このキャラクター同士が殴りあう漫画が読みたいなあ』って思っただけなんですけどね。

≪ 特撮好きの流れホーム平成仮面ライダーは何から見るべきか? ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

嘴

Author:嘴
サブブログ。適当に何か書く。

月別アーカイブ

カテゴリー

最近読んだ本

嘴の最近読んだ本

リンク

リンク集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。