移り気Heat

サブブログ。適当に何か書く。メインサイトは右下のリンク参照。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミルフィーユ鍋

<材料>
白菜……1/4カット
豚肉……200g
(1開始)
 めんつゆ……大さじ3
 水……200cc
 コショウ……適量
(1終了)
(2開始)
 味ぽん……適量
 水……適量
 大根おろし……大根1/3分ぐらい(今回は使用せず)
(2終了)
1.白菜を適当に切る
だいたい1口サイズにザク切り。


ミルフィーユ-1
2.豚肉と白菜の硬いところを交互に並べる
これがこの料理で最も面倒なところ。豚肉はバラ肉が一番だと思うけど、細切れでも何でもいい。要は薄くて挟める程度だったらなんでも。


ミルフィーユ-2
3.白菜の葉っぱの部分を乗せる
画像だと山盛りになってるけど、火を通すと柔らかく体積が減るので問題なし。フタ閉めるのが面倒だけど。


ミルフィーユ-3
4.(1)の調味料をかける
山盛りの上からかけちゃったけど、2の直後でも問題ないかもしれない、と思った。


5.フタを閉めて強火で加熱し、沸騰したら弱火で15~20分ぐらい煮込む。

6.味ぽんを水で割って大根おろしを入れたつけダレで食す。


<ポイントとか>
2の段階で鍋いっぱいにギチギチに詰まっちゃうんだけど、特に問題なし。ほかの鍋に比べると切る食材が肉と白菜だけでいいのでかなり簡単だと思われる。

上から順番に食べていくと白菜の連続で飽きたころに肉が登場するのでいいアクセントになる。


とはいえ、一人で食べるとちょっと量が多いうえに途中で飽きる味なので、途中までポン酢だけで攻めてみたり、柚子コショウに助けを求めたり、ウィンナーを混ぜてみたり、いろいろと味にアクセントが加わるようなアレンジをすればいいと思う。

スポンサーサイト

肉味噌やっこ

R1

<材料>
豆腐…………1丁
豚挽き肉……50gぐらい
ねぎ…………1/3本
味噌…………小さじ2
みりん………小さじ1
塩コショウ…適量


1.豆腐を横に切ってからキッチンペーパーで包む

2.ねぎを適当に刻む

3.ひき肉とネギを炒める
→ひき肉から出る油で充分なので油をしかなくてもいい
→この間に塩コショウで適当に味付けする
→→4・5振り程度でいい
→→コショウだけでも問題なし

4.火が通ったらみりんと味噌で味付け

5.混ざったなと思ったら火を止める

6.キッチンペーパーに包んでた豆腐を取り出し、その上に炒めてたのをかける
→かける前に豆腐を切っておくのもいい


<ポイントとか>
豆腐は水分がすごく多いので、キッチンペーパーで包んでおくといい感じに水分が抜ける。
分量とかは割と適当でもそこそこおいしい料理になる。

Home

プロフィール

嘴

Author:嘴
サブブログ。適当に何か書く。

月別アーカイブ

カテゴリー

最近読んだ本

嘴の最近読んだ本

リンク

リンク集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。